Thank you for your visit...
menu
home

RENOVATION / NEW HOUSE / STORE DESIGN

28

パティスリー アンカド

2019 /Jun/ 20 updated

町田駅からお散歩しながら住宅街の方へ歩いていくと、通りの角にある濃いグレーの一軒家から甘い香りが流れてきます。『パティスリー アンカド』は、フランス語で贈り物という意味のカドと街角のカド、二つの意味を持つパティスリー&カフェです。

パティシエであるご主人・山根悠樹さんと雑貨店を営んでいた奥さま・紀子さん、ふたりで一緒に2年間の準備をして、今年2月にステキなお店をオープンしました。1階はお菓子づくりのキッチンを充実させるため販売スペースはちょっぴり小さめ。けれど大きな窓と白いカーテンが開放的な印象で、キッチンとの間仕切りにも窓をつけて、お客さんがケースに並んだお菓子の向こう側に、お菓子づくりの現場の雰囲気を垣間見られるようなデザインです。

陽光がたっぷり入る2階のカフェスペースは、白い壁と天井、淡いグレーのフロア、柔らかいモノトーンをベースにアンティークの家具をあしらった、フレンドリーで心地いい空間。艶やかなケーキはアンカド・オリジナルのグレーのお皿に乗って運ばれてきます。その繊細で上質な味わいに合わせていただけるのは、芦屋Uf-fuの軽やかな紅茶。

インテリアや雑貨、アンティークに造詣の深い紀子さんが、時間をかけて空間を育てる楽しみを持っていただけるようにと、カフェは白を基調にシンプルな空間に。その空間には、これまでふたりが買い集めてきたというアンティークライトがとてもいいアクセント。「今後もアンティークのライトや小物を少しずつ買い足していこうと思っています。ゆっくりとカフェの空間をつくっていきたいですね」と話す紀子さん。1年後、数年後に、どんな風に変わっていくのかとても楽しみなパティスリー&カフェの誕生です。

パティスリー アンカド
東京都町田市原町田3-6-12
https://uncadeau.info

1階はキッチンとショップ
ショップには大きな窓があり自然光が気持ちいい。
2階は白を基調にシンプルに。
美味しさが詰まったお菓子「アリエ」。お皿は作家・真砂真砂子さんのアンカド・オリジナル。
アンティークのライトがアクセント。
あえてシンプルにデザインされたカフェはこれからの経年変化を楽しむための空間。
page
top